楽しみながら出来る「英語耳」と「英語舌」を作る方法

海外へ初めて行ってまず感じる事は、生の英語のスピードはとても速いという事。そして、聞き取れたとしてもアウトプットが全然出来ない、会話を返す事が出来ないという事に戸惑います。本やテキストで読解力や文法力も身につけられるように、海外へ行く準備として生の英語を聞き取る事が出来る「英語耳」と、英語の発音に慣れておく「英語舌」を身につけておきましょう。

英語耳の身につけ方

たくさんのリアルな英会話をたくさん聞く事で、耳が英語の音やリアルなスピードに慣れておく事は重要な事です。まずは、簡単に出来る事として、日常生活が舞台の海外ドラマを英語の字幕付きで見る事をおすすめします。学校や家庭が舞台のものからスタートすると良いです。日常会話の単語やフレーズ、実際のシチュエーションをみて言葉のニュアンスなどを学ぶ事が出来ます。字幕付きということもポイントです。字幕を目で追いながら、登場人物が言った言葉がしっかりと文字になって理解することができます。自分の興味のあるジャンルのドラマであれば、楽しみながら学習することができます。だんだん、自分の耳も英語の音やスピードに慣れていく事が出来ます。

英語・発音・語彙/英語耳

英語舌を作る

英語の発音の仕方は日本語とちがうので、舌の使い方もちがいます。日本語には無いR(アール)の発音やTH(ティーエイチ)は代表的です。この発音の仕方に慣れるにはフォニックスを取り入れましょう。フォニックスは現地の小学生も学ぶ、英語が持っている音を学ぶ教授法です。例えば、A(エイ)ー a(ア)ー apple(アップル)アルファベットのA(エイ)にはアという音があり、アップルと発音する決してエイプルとは言いません。など、フォニックスで英語の音を発話練習を繰り返し、舌を英語舌に慣れさせます。舌が慣れていないと、どうしても通じる英語をはなせるようになりません。これも練習です。

英語耳と英語舌がそなわってきたら、実際に外国人の方達があつまる場所に積極的に行って、英会話を実践をする事をおすすめします。海外では、自分の意見を持つ事が求められます。あなたはどう思っているのか?という事を聞かれます。自分の意見を主張するという事は、積極性をもつことでもあり、これも場数を踏めば自然と身に付いていくものです。

海外に行く前の準備として、英語耳と英語舌を作る。楽しみながら出来る学びだと思います。